25年 1月29日判例命令 病院機構のパワハラ訴訟事件の判決

    

         1月29日    判例命令 病院機構のパワハラ訴訟事件の判決

                        共同通信 2013年1月23日より

 

     静岡てんかん神経医療センタ-静岡市)に勤務していた愛知県知多市の男性がパワハラを

      受けたとしてセンタ-を運営する国立病院機構に慰謝料などの支払を求めた控訴判決で

      東京高等裁は23日請求棄却の一審静岡地裁判決を取り消し、約56万円の支払を命じた。

      難波裁判長は、「時間外勤務が多すぎるとして上司から過度の叱責や指導があり、不本意に

      時間外手当の請求権を放棄させられた」と指摘。未払い手当の一部支払や慰謝料30万円を

      認めた。

      

       ▲      私の印象

       

      メンタルケアに当たる病院としては、金銭面を考慮して従業員に苦痛を与えている

      感じがします。一個人の問題というよりも、この病院経営の体質的な非情性

      従業員の時間外労働に責任転嫁していて、時間外労働が多すぎる経営者側の責任は

      どうなのかという労務管理の在り方が問われる事例のように思われます。